トップページ お知らせ サポートの様子

技能実習生へのヒアリングの様子

広島県福山市の介護施設にて、日本介護事業協同組合の職員が「実習生受け入れ施設」が記録した実習生管理簿の確認を行い、受け入れ施設様の技能実習責任者、技能実習生2名の面談を行いました。

技能実習生が配属されてから1年以上経ち、業務や日本語に慣れて指示がスムーズに理解でき、利用者様に寄り添えるようになり、一緒に働いているスタッフも安心されたそうです。

家族に会えなくて、たまに寂しいことがあるみたいですが、職員の方が3人のことをよく気にかけてくれて助かっています。

技能実習生に話を聞くと、方言が難しいけど職員さんが優しく仕事や日本のことを教えてくれるので、もっと日本語を勉強して、利用者様と職員さんと仲良くなりたいそうです。

サポートの様子2020.05.11