トップページ 日本介護事業協同組合について

ごあいさつ

理事長  藤井 則行 理事長 藤井 則行

当組合は介護事業者様を中心に組合員の皆様の経営課題を共有し、新しい介護事業の構築、そして継続的に発展することを目的に2007年4月に協同組合として発足致しました。

2015年介護技能実習生の受け入れが閣議決定され多くのお問い合わせを頂きました。このことに対応するためフィリピン、インドネシア、ベトナムを中心に、送り出し機関、日本語学校、看護大学を訪問し、業務提携を進めてまいりました。

技能実習生の法案が2016年11月28日に公布され、いよいよ2017年から介護技能実習生の受け入れが始まります。
これらに合わせ、海外での介護、日本語能力検定N4程度の取得、入国後2か月の日本語研修、介護研修をはじめ、介護初任者研修の受講体制も整いました。

組合員の皆様にはこれまで以上のご支援が出来ると確信しております。
今後とも組合活動へのご協力をお願い致します。

組合概要

名称日本介護事業協同組合
代表理事 藤井 則行
設立平成19年 4月 3日
事業内容
  • 介護関連業務等の受注あっせん
  • 海外への進出に関する調査研究
  • 経営および技術の改善向上または知識の普及を図るための教育セミナー
  • 外国人技能実習生受け入れ事業
対象地区 広島県・岡山県・東京都・埼玉県
近畿・関東・中部地区も申請予定。 ぜひご相談ください。
所在地 〒729-3103 広島県福山市新市町新市976-1
TEL : 0847-51-4744
FAX : 0847-52-5797

アクセスマップ