トップページ

日本介護事業協同組合は、

をサポートしています。

日本介護事業協同組合では、アジアの優秀な人材をご紹介可能です。
「特定技能制度」の登録支援機関、「外国人技能実習制度」の監理団体として、教育から特定技能・技能実習生の受け入れ、外国人登録申請手続き等、お任せください。

GOOD HEALTH
AND WELL-BEING

DECENT WORK
AND ECONOMIC GROWTH

持続可能な開発目標(SDGs)ロゴ

日本介護事業協同組合は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

日本介護事業協同組合が
選ばれる3の理由

介護に特化した人材育成
現地で学校運営を独自に行っております

インドネシアで日本介護事業協同組合のグループ会社「JCSI」が独自に学校(フジアカデミーバリ)を運営しております。
フジアカデミーバリでは、日本の介護技術を取り入れたカリキュラムで授業を行っているので、生徒たちも入国後のギャップや不安が最小限で、失踪者0%を維持しております。
N4取得後も入国手続き待ちの期間(3ヵ月)は帰省せず、N3の勉強や老人ホームでの介護従事を行っており、高い日本語力を維持したまま入国します。

日本介護事業協同組合のグループ会社「JSCI」が運営する日本語学校 フジアカデミーバリ

日本人が経営するインドネシアバリ島にある日本語学校。N4合格者多数輩出!日本で技術を学び、働きたい若者たちがN4資格を得るための勉強を行っています。

フジアカデミーバリはJCSIが運営しています株式会社ジャパンケアサポートインドネシア

日本介護事業協同組合と株式会社ジャパンケアサポートインドネシアが業務提携しました。日本とインドネシアの介護業界に貢献できる優秀な人材育成を目指します。

フジアカデミーバリの生徒達

初めてでも安心!
万全のサポート体制!
職員の多くは、介護・介護関係の経験者です

職員の多くが、介護・介護関係の経験者でありお客様施設への介護技能実習生配属後のサポートも万全です。
また、介護技能実習生に対しては、お客様施設で活躍できるように、インドネシアの職員が「生活支援」や「心のケア」を行っております。

技能実習Q&A

受け入れ施設様、外国人材、組合の三方良し
上記、当組合の宣言を実践します

受け入れ施設様が外国人材により安定した求人が行え、施設自体がより一層活性化するよう、我々組合は外国人の方の「生活支援」、「心のケア」を行います。

外国人材をご検討の皆様へ
資料請求のご案内 

日本介護事業協同組合では、介護外国人材の受け入れを一貫した流れで対応しております。 現地から施設様サポートまでを写真を使った分かりやすい資料をご用意しております。お気軽にお問合せ下さい。

資料請求はこちら 

介護外国人材受け入れの流れ

日本で働きたい意欲あふれる
若者
を応援しませんか?

特定技能・技能実習生の多くは
家族を助けたい思いやりのある若者達です

  • 外国人技能実習生機構
  • 厚生労働省
  • JITCO 公益財団法人 国際研修協力機構
  • 日本介護事業協同組合Facebookページ