技能実習Q&A

こちらでは、外国人技能実習生受入れに関して、よく寄せられるご質問にお答えしています。 以下で掲載している内容以外にも、ご不明な点がございましたら、お気軽に日本介護事業協同組合までお問い合わせください。

Q 技能実習生にはどういう人が選ばれるのですか?

A 厳しい選考をクリアした優秀な若者です。

選考基準に合致した応募者の中から、日本介護事業組合員及び現地スタッフが面接し、人間性・熱意などを重要視した上で、能力テストの結果成績優秀な18歳以上35歳未満の若者が研修を受けることができます。

Q 技能実習生の日本語は?

A 簡単な日本語を、読み書き話すことができます。

技能実習生は、選抜されてから研修開始までの期間に母国で日本語を勉強し、日本語能力試験N4程度の資格を取得してきます。 さらに日本入国後、2ヶ月間当組合において、日常会話・専門用語・日本の文化・マナーなどを学習していきます。 個人差はあると思いますが、受け入れ施設に行くまでには、ひらがなの読み書きができるように、また簡単な日常会話はできるように教育いたします。 (介護職員初任者研修資格が必要な場合、別途研修費が必要となります)

Q フォロー体制は?

A 日本介護事業スタッフが受入企業及び技能実習生の指導・助言を行います。

受入企業に定期的に訪問を行う体制を整えています。1年目は月1回以上、各受け入れ施設を訪問して、さまざまな問題や疑問に応えます。

Q 突発的な事態への対応は?

A 24時間連絡可能な体制です。

技能実習生の受け入れ後、突発的な事態に速やかに対応するための連絡体制を整備しています。

Q 技能実習生と問題が生じた場合は?

A 外国語が堪能なスタッフが即対応します。

日本介護事業では、ベトナム語・インドネシア語・フィリピン語・英語が堪能なスタッフを本部に配置しており、 母国語での対応が必要な際には直接出向きます。ただし、必要経費は受入企業のご負担となります。

Q 技能実習生の傷害・疾病等の備えは?

A 技能実習生総合保険に加入していただきます。

技能実習生は、一般の労働者と同様に社会保険が適用されます。

実習期間中の疾病・傷害の場合には健康保険で受診し、診療代の3割を自己負担します。

そのため、 「技能実習生総合保険」へ受入企業のご負担で加入していただくことにより、実習生の自己負担分を カバーすることを目的としています。

※ その他不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。