トップページ

外国人技能実習生紹介

日本介護事業協同組合では、日本の介護施設で働きたいという、優しさと情熱を持った若者と、介護事業者の方の間に立ち、 面接から受け入れ、そして実習期間満了まで全面的にサポートいたします。

無料会員登録のご案内

外国人実習生の情報提供については、個人情報が含まれているため、事前の会員登録が必要です。 下記会員登録ページをよくご覧の上、申込用紙に必要事項をご記入後、当組合まで送付してください。

無料会員登録

外国人技能実習生の受入れ、組合員企業様をサポートいたします

  • 優秀な看護学校の卒業生

    当組合の面接を受けることができるのは、インドネシア、ベトナムの看護学校の卒業生の中から特に優秀な成績をおさめた人たちです。優しさと情熱を持った現地看護学校卒業生のよい生徒だけを厳選することが可能です。

    外国人技能実習制度概要

    入国までの流れ

  • 事前研修が充実

    介護に必要な日本語に重点をおき、来日前の事前研修では、全寮制で8ヶ月間みっちり日本語教育を行い、日本語能力試験の4級程度をマスターさせます。 初任者研修の受講 介護職のはじめの一歩となる初任者研修を入国後の2ヶ月研修で行い、しっかり指導します。これで介護の基礎知識ならびに技術を習得することができます。

    介護業務

  • 困った時の対応は…

    実習生と同じベトナム人、インドネシア人等の相談員を配置し、迅速に対応いたします。実習生も安心して実習が 続けられます。技能実習生と組合員企業様が安心して技能実習に励むことが出来るよう、万全の体制をとっていますのでご安心ください。

    技能実習Q&A